11/30/2015

Body Voice〜神秘の身体〜*Vol.10 重要なのは『耳』・・☆

〜まるで絵画の様なインド洋の空〜

さまざまな肉体的な部分の異変が起こり出すと

改めて人間が持っている『穴』について意識が向いてしまう。

そう・・

人間の身体にはあちらこちら『穴』が開いていて

例えば目・鼻・口・耳・肛門・性器・・

など肉体は外からのありとあらゆる物を

身体の中に取り入れたり出したりしているのだ。

病気になる前の『感染』

外から穴を通して侵入し、

身体の中を蝕み、色んな種類の症状を引き起こす。

時に病原体以外、目に見えない物が穴から入って来ると

マインドアタックへ繋がる時もある。

そんな人間の持っている『穴』の中で

特に重要なパーツだと思っている箇所がある。

それは『耳』だ。 

耳は『言霊』の出入り口でもある。

耳から『音』として入って来る『言霊』の威力は絶大だ。

下手をすると相手を簡単に打撃を与えたり

苦しめたりする事が出来る。

それは相手に与える影響だけでなく、

打撃を与えると必ず自分にも帰って来る。

すると肉体の部分が影響して、

打撃を受けた『いらないもの』を外へ出そうと

自己防衛本能が働く。

その形は『できもの』となって

自分で見る事も触って異物感を感じ事も出来るし

時に痛みも出る事がある。

そしてその時人間は、

身体の中に『いらないもの』が入っている事に気付くのだ。

雅子さんのトリートメントを受けると

必ず耳の辺りに『できもの』が出て来て

膿みが溜ったりする。

それは確実に耳から入って来たありとあらゆる情報の中に

『いらないもの』も沢山入っていると言う事だ。

その『いらないもの』を施術で外に出す事によって

『できもの』はちゃんと出している証拠の様に現れる。

『あまり力強くリンパは自分で押さない方が良いです。
変な方向に流れると正しいデトックスの妨げになる事もあります。
撫でるように触るだけでも十分、リンパは流れるんですよ!』

雅子さんに聞いてから

今でも詰まっているだろうなと思われる箇所は

軽く撫でるようにして

あまり強く押さないように気をつける。

ただ、耳だけは

上・中心・下を親指と人差し指2本で摘んで

良く引っ張っている。

鑑定が終わった後、

疲れを感じた時、

物事に集中している時、

両耳を両手で引っぱりながら

最後は後からぺちゃっと耳を折って顔に引っ付ける。

施術を受ける前の耳はカチコチで

なかなか折り曲げるのも困難だった。

そして何時も雅子さんに

『耳がかたくなっていますよ・・』

と指摘を受けていた。 

しかし、3日間、施術を受ける事によって

耳全体が本当に柔らかくなった。

そしてその柔らかくなった耳をキープするためにも

耳のマッサージは今でも日課になっている。

1日目の施術の後は、

いきなりどーーーんっと来た感じで

とても動く気にはなれなっかた。

しかし、2日目になると普通に動けるようになり

みんなでビーチへ遊びに行ったり

軽くお買い物をする事が出来た。

夕日を見にビーチへ行った帰り、

近くのジャパニーズレストランへ立ち寄った。

『何を食べても良いですよ!』

と今回、食事制限をされていなかったので

すかさずビールを注文して飲んでみた。

瓶ビールの味の違いは思ったより

感じず、思わず2本も飲んでしまった・笑。

ただ、一番味の違和感を感じたのが

小鉢に入ったつくねの味だった。

何とも言えない血の味を感じた。

元々、血の固まりであるレバーは

苦手な食材だったけれど、

つくねですらレバーのような血の味が

口の中に広がったのには驚いた。

こんな時、舌の感覚も異常に敏感になった事に気づく。

その感覚はしばらく続いて

雅子さんの言う

『帰ってからの10日間が大事です』

の通り、

日本に帰ってからもとても肉類を食す気になれなかった。   

to be next 〜

〜フェニーチェからのご連絡〜
只今、フェニーチェでは11月30日(月)以降の電話鑑定受付を
開始しております。
鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144 の方へご連絡をください。
               それでは宜しくお願いします。 
      

0 件のコメント :

コメントを投稿