10/30/2015

みちのく神めぐり*Vol.9 『鹿』は最も神聖な神使い・・☆

〜茨城県・鹿島神宮〜

それにしても無謀な思いつきだった。

現実的に考えて福島県〜茨城県〜神奈川県のルートは

トータル600キロ以上の道のり。

時間にして10時間以上運転する事になる。

陸奥国二宮から常陸国一宮へ・・

それでも行きたかったのはきっと伊佐須美と鹿島に共通する

御祭神・建御雷之男神(タケミカヅチ)のお導きであろう。

建御雷之男神は雷神でもある。

雷のようなエネルギーを何処か欲していたのかもしれない。

〜ご神門の中に雷を表すオブジェ〜

それにemyの神社巡りに良くありがちな

『神様繋がり』で神社を渡り歩く事がある。

神様=自分に必要なエネルギー    

そう思っている。

欲を言えば、剣の神様(経津主大神)が奉られている

千葉県・香取神宮もセットで参拝したかった。

しかしどんなにあがいても

千葉県までの移動はワープを使う以外無理だった。

そして鹿島神宮へ到着したのが

ぎりぎり16時ちょっと前だった。

何とか滑り込みセーフと言った感じの参拝になってしまった。

此処も数十年ぶりに訪れたけれど、

凄い神社は何年経っても凄い!笑。

御神徳を頂ける以上の何かを秘めている・・

それが鹿島神宮なのだ。  


奥宮に続く奥参道が、まるで京都の下鴨神社・糺ノ森のように

気持ちが良い・・。


そしてひっそりと佇む奥宮へ到着した時、

今回、全ての『神めぐり』の達成感が一気に押し寄せた。

此処、鹿島神宮平城京の都・奈良県、そしてもっと言えば

広島県・宮島との繋がりは切っても切れないものがある。

それは

『神使いの鹿』

仏教が伝来する前の古代日本は、

動物が人間以上の霊力を持っているとされ

『神』として崇められていた。

その中でも『鹿』は最も神聖な動物で

鹿島神宮も其の名の如く『鹿』が神の化身である。

何故『鹿』が最も神聖とされたのか?

鹿は古代からその優美な姿に人々は魅了し、

生え変わる角は生命が再生するシンボルであり、

その角に神が降りて来ると信じられ

日本全国で神格化されていった。

そして1300年前、平城京の守り神『春日大社』

ある神様をお迎えする事になった。

〜奈良公園の鹿〜
 その神様春日大社の創建を担った豪族・藤原氏

故郷、茨城県・鹿島神宮に奉られている
  
建御雷之男神(タケミカヅチ)で、

その神様を奈良までお運びするお役目をまかされたのが

『鹿』だった。

それで今では奈良公園に行くと茨城県から

やって来た神鹿の子孫が居る訳だ。

良く、鹿せんべいなどをあげる時にやたらお辞儀してくるのは

その時代、神聖な鹿に対して貴族たちまでもがお辞儀をしていて

その姿を見ていた鹿たちが作法を覚えたとされている。

ホントか嘘か解らないけれど・笑。

〜奈良県・春日大社〜
 後もう一つ、面白い伝説は

鹿のお尻の毛の形が鹿島神宮の御神紋・下がり藤

似ていて、

それは鹿島からやって来た神様が他の鹿と区別するために

御神紋と同じ形に焼印したと伝えられている。 

〜鹿島神宮の鹿〜

〜下がり藤〜
この由来から『鹿島神宮』と『春日大社』は同じ神様が

奉られているのだ。

しかし、広島県の宮島に鎮座される『厳島神社』の御主神は

建御雷之男神(タケミカヅチ)ではなく、

宗像三女神・・

それでは何故、平城京の鹿が宮島へと渡ったのか??

其処には平安時代の武将・平清盛が関係している。

春日大社をあつく信仰していた清盛は

同じくあつく信仰していた厳島神社が鎮座される宮島へ

奈良の鹿を連れて行ったらしい。

〜宮島の鹿〜
 なので宮島の鹿たちは奈良の鹿たちの子孫となっている。

実際に宮島の鹿のおしりの形は奈良県の鹿と同じ下がり藤。

これが鹿島〜春日〜厳島へと続く時空を超えた神使いの伝説だ。 

今回、この流れを知ってからの『鹿島神宮』の参拝だったので

鹿島&春日の関係について考え深いものがあった。

仏教では動物を神とは認めていないけれど、

人間以上に鋭い動物的勘や霊力は

神々と繋がっているような気がしてならないと思う。

歴史的に見ても日本の『神道』は本当に面白いと改めて思った。

そして今度は久しぶりに青森県の方も周りたい気持ちでいっぱいになった。 

〜 the end  



〜フェニーチェからのご連絡〜
只今、フェニーチェでは11月2日(月)以降の電話鑑定受付を
開始しております。
鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144 の方へご連絡をください。
               それでは宜しくお願いします。 

   

         

0 件のコメント :

コメントを投稿