9/08/2015

大人のための恋愛講座*Vol.57 急増する『歳の差』カップルの悩み☆

〜高野山・総本山金剛峯寺〜

その昔、殿方がかなり年上で彼女が年下と言うカップルが

沢山存在しました。

10歳以上年上の殿方を選びたいと思う女性は

ファザコンの傾向があり、

『経済的にも精神的にも支えて欲しい・・』

など父性を強く求めている方が多かったです。 

しかし、近年では女性も働く場やチャンスも広がり

殿方に対して求める部分もかなり変わって来たご様子・・。

『くたびれたおやじよりも若くて精神的に支えてくれる男が良い♡』  

と願う女性が本当に増えました。

その背景には『結婚適齢期』を遅く迎える男女が増えた事や、

離婚率がかなり上がって何回も結婚する方が

増えた事に比例していると思います。

20代の女性が10歳以上年上の殿方を求めているとしても

まだ30代・・

近年、アラフォー近い女性たちがやっと真剣に

パートナーを見つけようとすると10歳以上の殿方は

50代、60代とかなり壮年期に入ってしまい
  
『結婚した後、直ぐに定年を迎えられてしまう』

『旦那の両親も含めた介護結婚??』

など現実問題に直面し『殿方が10歳以上年上』との恋愛は

かなり減って来たと思います。 

その変わり今のご時世を反映するかのように増えたのが

『女性が10歳近く年上で若い彼氏』

と言うカップル!!

それに伴い『若い彼氏』をゲットした女性の悩みも

急増しています。

まず、今の20代、30代は携帯電話を持つのが

当たり前の時代に生まれているので、

恋愛の始り・終わり・告白・喧嘩・・などなど

『メール』『LINE』が主流となっています。

なので重要な話合いなどお互い顔を合わせて

じっくりと話し合う所か、

コミュニケーションの手段が間接的なメールやラインで

不完全燃焼のまま自体が終結してしまう事も

多くなっています。

それにプラスして

『Face book 』『Twitter』などのSNSも活用していれば

相手の行動や誰と誰が繋がっているのですら

丸見えになっていますよね?!

便利と言えば便利な時代・・

でも『見えなくても良いものが見える』

余計な妄想や心配も出て来てしまうもの・・。

そんな中、最近増えて来たお悩み相談は

○ 彼は仕事で忙しいと言って時間を空けてくれないけれど、
face book を見たら結構、友達と遊びに行っている。
私に対する愛情が薄いの?

○ 実は彼に実年齢を言っていません・・。
言うとドン引きされそうで・・。

○ 所詮、男は若い女性が好き!
その内飽きられて捨てられるかも・・。

○ 彼との関係は問題無いのですが、
もし結婚となると彼の両親に反対されそう・・。

などなどこれらはかなり上位を占めている相談内容です!

しかーーーーーーし!!

このお悩み、女性たちが心の中の何処かで

『自分がかなり年上である』

と言う事に引け目を感じているから出て来ているんですよね。

まず、ここで考えて頂きたいのは

年上の女性を選ぶ男子は、
  
年上の女性と付き合う殿方は、女性をリスペクトしている要素がある! 

と言う事です。

・・っと言う事は、あまり『歳の差』の事を気にしていないのです。

単純に考えて『歳の差』を気にしている男子だと

最初からわざわざ年上の女性を選びませんからね・笑。

それよりも悪循環に陥ってしまうのは

女性たちが『歳の差』に関して負い目を感じ、

ついつい男子たちを甘やかしてしまう方に問題があります。

○ 食事に行った時、思わず自分の方が『年上』だからと
多めにお金を払ったり、おごってしまったり。

○ 彼の顔色を伺っていたり『年下』だと思って逆に馬鹿にしたり。 

日本人は特に『年齢』を気にする人種なので

こんなお悩みが出て来てしまうんですよね。

海外生活経験のある方はお解りになると思うのですが、

海外では初めて出会う人でも友達付き合いをしている人でも

『年齢』を聞いたり聞かれたりする事はほとんどありません。

もっと言えば『年齢』を知らずにお付き合いしている場合もあります。

あくまでも相手の生き方や性格をポイントにしていて

『年齢』を気にしない人間関係が心地よかったりします。

とは言っても日本人としての恋愛をしなければなりませんからね・笑。

でもこれからも『女性が年上』のカップルは

どんどん増えて行きそうに思います!

あまり『あまり自分が年上だから・・』と負い目を感じないで

くださいね。

そして歳の差があると言っても『男のプライド』

守らしてあげてください・笑。  
〜フェニーチェからのご連絡〜
只今、フェニーチェでは9日(水)以降の電話鑑定受付を
開始しております。
鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144 の方へご連絡をください。
              それでは宜しくお願いします。 
     

0 件のコメント :

コメントを投稿