1/26/2015

大人のための恋愛講座*Vol.38 『お祭り』と恋愛模様・・☆

〜大賑わい!北野天満宮〜
神社仏閣に囲まれている京都では、

1年を通して様々なお祭りで賑わいます

その中でも毎月開催される『縁日』

『縁日』とは神や仏の降誕や誓願の由来となる日を選んで

神事やお祭りをする事なのですが、

京都の中で特に有名なのが、

毎月、21日に東寺で開催される『弘法市(弘法さん)』

25日に開催される『天神祭り(天神さん)』です。

この2つの縁日は日にちが近い事もあって

『弘法さんで雨が降ったら天神さんは晴れ。
弘法さんが晴れだったら天神さんは雨。』

と言われがあり、

実際にそのような天候になるのが不思議な所・・。

(年始は弘法さんが雨で天神さんが晴れました!)

そして北野天満宮の『縁日』の中でも特に賑わうのが、

12月25日に開催される『しまい天神』

そして年始、1月25日に開催される『お初天神』です。

今年は丁度、25日が日曜日『お初天神』でしたので

例年以上の大賑わいでした!

元々、神様&仏様の御縁の日ですが、

食材からアンティークに至るまで、

御縁ものが無いか探しに行くのも楽しみの1つ
  
emyもアンティークの探し物があったので

足を運びました。

(結局、見つからず買ったのは食材ばかり・笑)

 人混みが嫌いなクセにお祭りは別もので・・笑

〜北野天満宮で有名なのが梅林です♪早くもちらほら花が咲き出していました〜
   
〜境内の梅林を使用して作られた厄除守り『思いのまま』〜

  人混みをかき分けて拝殿の方に向かうと

60年ぶりに復活した『招福の梅の木・思いのまま』が販売されていました。

梅の小枝に吊るされた瓢箪の中には厄除玄米が入っていて

自宅のお米で一緒に炊くと

『厄除』『無病息災』『災難除け』

の効果があるそうです。

元々、瓢箪は『邪気を吸い込み浄化する』縁起物ですからね。

京都人は特に風水や縁起物には敏感ですから、

沢山の方々が購入して帰られていました。 

さて・・

『恋愛講座』的にお祭りを見てみると、

2人の仲を深めるシチュエーションやアイテムが

凝縮されているように思えます。

人にはそれぞれ『パーソナルスペース』を持っていて

日頃はその『絶対的領域』へ踏み込む事はなかなか難しいのですが、

お祭りなど、嫌でも人混みの中にまみれてしまう場合、

自然の形で接近する事が可能になります。

そしてMen's たちは隠れた本能である『群れのリーダー』

呼び起こされ、一緒に歩いている彼女を守ろうと

防衛本能が働きますし、

女性はその逆でどんなにガードを固くしていても

『守られている=愛されている』安堵感が溢れて来て、

少なくとも相手に対する印象はアップします。

夏祭りですと『浴衣』でイメージを変える事によって

『ギャップ法』が成立しますので

どのようにアプローチしようか迷っている時は

『お祭り』の日を選ばれても良いかもしれませんね。

京都以外で『お祭り』は対外週末に開催されると思いますので

誘いやすいと思いますよ。

(京都では曜日関係なく日にちで決まっているお祭りが多い)

でも中にはお祭りに誘うと

『え〜〜!お祭りは人混が嫌いだから行きたくない!』

と断る人がいますよね。

それは男女問わず、

〜自己中心的で恋愛も自分のペースに持って行きたい〜     

 人が多いです。

皆が皆、この事にあてはまると言いませんが、

自分の思い通りに動く事が出来ないイベント事を避ける人は

我が儘な性格を持っている確率は高く、

日常でも『愛する事より愛される事』を求めたりしがち・・。

『人混みは苦手だけどお祭りだからね・・』

と付き合ってくれる人の方が好意的な態度の現れとなります。

それに『お祭り』ではパーソナルスペースも崩れますので

相手の本性・本能がむき出しになる率も高く、

結果が楽しければその後の関係も良好ですが、

喧嘩になったりするとその後の修復がなかなか難しいのも

『お祭り』と恋愛模様が比例する所です。   

そしてもう1つ面白いのは

『お祭りの時に履いてくる靴』   

で相手の恋愛傾向を分析する事が出来ます。

明日はそんな『靴と恋愛傾向の分析』について

書きますね 

〜フェニーチェからのお知らせ〜
1月27日(火)〜30日(金)までの電話鑑定

キャンセルなどで空きがございます。
鑑定ご希望の方はフェニーチェ(090-5713-8188
の方へお問い合わせください!
それでは宜しくお願いします。

           

0 件のコメント :

コメントを投稿